まだ迷っている、貴方のために

まだ迷っている、貴方のために

まだ、売るかどうか迷っている、という方もいらっしゃるでしょう。もしくは、査定額を聞いてから売るかどうか決めたい、という方には、買取をキャンセルしやすい売り方をおススメします。
買取をキャンセルした場合にリスクが少ないのは、店舗への持込や、出張買取(その場で査定してくれるタイプ)などの直接業者の人と対面で査定してもらうタイプが良いでしょう。店舗への持込の場合、買取額に納得がいかなくてキャンセルしたとしても、そのまま商品を持って帰ればいいだけです。また、出張買取の場合、業者の人が鑑定に来てくれる出張買取を選びましょう。「出張買取」とうたっていても、商品を取りに来るだけの出張買取は、キャンセル時に返送料を請求されることが多いので気をつけてください。
このように、対面で査定してくれる場合には、キャンセルしても手数料や返送料が発生する可能性が低いですが、対面式でない「宅配買取」などは、査定金額に納得がいかずキャンセルした場合に商品の返送料を請求する業者が多いのです。このため、キャンセルする可能性が高い場合、とにかくどれくらいの価値があるのかを確かめたいだけと言う場合などは、対面で査定してくれるところを選びましょう。